ゆ~とっとの家事パパ日記

家事が好きな二児のパパのブログです。日々の生活に役立つワザなど、育児・家事系の記事を中心に書いてます。たまに妻も書きます。

【カラオケ】新入社員必見その2!大のカラオケ好きが伝授する、バラードを歌う時に盛り上げる6つのコツ!

スポンサーリンク

カラオケは最初にノリノリの曲をみんな入れて、はしゃぎ疲れてくるとバラードに移行するのが一般的です。

 
バラードはノリにくく、盛り上がりに欠けることがしばしばです。まぁ休憩と割り切ればいいのですが、私は割り切れません。バラードでも盛り上げたいんです!
 
そんな私が長年カラオケに行く中で身につけた、または見つけたバラードを歌う時に盛り上げるコツを紹介します。
 

コツ1 歌う前に曲紹介!

ノリノリで騒げる曲は、聞いてる方も単純に楽しめますが、バラードは知らない曲だと聞いていてもなかなか感情移入できずにつまらないと感じてしまう人が多いと思います。
 
そこで、歌う前イントロが流れている間に、今から歌う曲を歌番組の司会の人のように紹介しましょう
 
例えばこんな
 
青春の影 チューリップ
この曲は一人の男が愛する女性にプロポーズをしにいくときの心情を歌った曲です。最後のフレーズの意味が最近わかる気がします。
聞いてくださいチューリップで、青春の影
 
と、こんな紹介が入れば、
聞き手はその曲と歌い手に興味を持つことができます
また、前もってどんな曲かを知れるので、聞き手は感情移入しやすくなります
なにより歌番組みたいでテンションがあがります
 
他の人の曲の前に、勝手に曲紹介を入れるのもありです。最近失恋した人がバラードを歌う時は、ぜひやってあげましょう。いつもより感情を込めて歌ってくれるはずです。
 

コツ2 歌った後には「ありがとうございました」

歌い終わった後に、演奏中止を押してしまう人もいますが、やっぱり聞き手にお礼を言った方が素敵です。
聞き手もお礼を言われたら嬉しいですし、拍手をしやすくなります
 

コツ3 歌詞を覚える!

カラオケでやりがちなのが、画面を見ながら歌うことです。ノリノリの曲ならまだしも、バラードはどれだけ感情を伝えられるかにかかっています。
感情を伝えるためには、立ってみんなの方を向いて歌わなきゃダメ!です。そのためにはせめて十八番くらいは歌詞を覚えましょう!
 

コツ4 聞き手と美味しいところをシェアする!

みんなが知っている曲なら使える技です。歌っている時にみんなが口ずさんでいるなと思ったら、マイクをみんなに向けてみましょう。できればクライマックスのサビの一番いいところで。この前は「花は咲く」で、最後合唱をしてもらって、盛り上がりました。
 

コツ5 聞き手を祝う!

ただラブソングを歌うのではなく、例えば、これから結婚する友人がいたら、その人のために歌うと宣言してから歌いましょう
 
例えば
♪バンザイ ウルフルズ
(イントロ)
⚪︎⚪︎君、結婚おめでとう!これから色々あるとは思います。ケンカしたらこの歌を思い出して、仲直りしてください。歌わせていただきます。ウルフルズで、バンザイ。(拍手)
イエーーーイ!
 
てな感じです。
 
歌い終わったら、改めておめでとうと言ってシメましょう!
 

コツ6 握手を求める!

自分はまだやったことないのですが、先輩で歌いながら握手する方がいました。これがすごくかっこいい!
松山千春を歌いながら一人一人に握手をしていく。これはほんとにかっこよかった!ライブに来たみたい!
 
以上、バラードで盛り上げるコツでした。
 
カラオケにいったら一つだけでもいいんで試してみてくださいね。
 
ではでは☻
 
ゆ〜とっと