KAJIPAPA

ああ・・・キャンプがしたい・・・!!!

【おでかけ】子ども連れにオススメ!千葉から佐賀へは車とフェリーで!

スポンサーリンク

先日、実家に帰ってきました。

今回も車とフェリーを利用しました。

人数も多く、荷物も多い場合にとってもオススメです。

赤ちゃんと幼児を連れて行くときのざっくりスケジュール、あってよかったもの、なくてもいいもの、費用を紹介したいと思います。

スケジュール

ポイント

渋滞に巻き込まれにくい時間帯を選ぶ
フェリーの出発時間に余裕を持って間に合うように計画する
だいたい2時間おきに、1時間半の休憩を取ると楽

実際のざっくりスケジュール

5時30分 車移動 千葉出発
16時30分 大阪南港フェリーターミナル到着
18時30分 新門司港行きフェリー乗船
19時50分 フェリー出航
翌日
8時30分 新門司港到着
車で佐賀へ

あってよかったもの

カラオケマイク

時間を潰すのに便利でした。
子どもが盛り上がって歌って長い待ち時間も、カラオケ気分で盛り上がってまして。

レトルトご飯

離乳食をあげるのに、重宝しました。
サービスエリアのベビースペースに設置されているレンジを利用しました。
レトルトご飯をチンして、レトルトの離乳食をかけてあげると、とっても経済的です。

カップうどん カップラーメン

船はお湯があるので、準備していれば食べれます。船内でも良心的な料金であるので、足りない時は買えます。

出発前夜に作っておいたオニギリ

朝ごはんように握っていました。
朝ごはん休憩の前に、みんなお腹空いて食べていました。残りはお昼ご飯の足しにしました。

なくてもよかったもの

荷物は少ない方がとてもいいです

予備のお菓子

荷物が増えるので、最低限の準備でよい
途中で買う方がレジャーになって楽しいかも

予備のレトルトご飯

荷物が増えるので、最低限の準備でよい

赤ちゃん用のおもちゃ

プラスチックの食器の方がお気に入りでした。なくてよかった。。。

食べ慣れないカップスープ

味が分からないので、いざ食べてみると口に合わず残りました。

費用 交通費だいたい

高速料金 14000円
ガソリン 7000円
フェリー 31000円

費用 その他

外食 1800円 お昼ご飯矢場とん
コンビニ飲み物 2000円ぐらい
コンビニご飯 1400円ぐらい
梅ヶ枝餅 2000円ぐらい
事前に買ったお菓子 600円ぐらい
事前に買った食事系 2300円ぐらい
→詳細
レトルトご飯600
シチュー 100
お茶漬け 250
汁物 400
食パン 100
離乳食 500
カップラーメン 300

感想

車とフェリーの旅も慣れてきました。
おっぱいもミルクも日中飲まないので、荷物がかなり減りました。
でも冬で、洋服がかなりたくさんになりました。

食事は、レトルトご飯、カップラーメンを多めにして、食費を抑えました。

災害時の食事の練習にもなり、買い足すものがわかりました。
災害時は、レトルトご飯よりもアルファ化米がいいのかもしれないという結論にもなりました

最初は、千葉と大阪が遠く感じていましたが、今回はかなりあっという間に到着したなと感じました。

高速での休憩で、はいはいとヨチヨチ歩きには身体を動かして遊べるスペースが少なかったのが残念なポイントでした。

フェリー

子ども連れの方からが多く、気持ち的に楽でした。

冬は船内は暖かったので、甲板に出る予定がなければアウター類は不用でした。
※夏はエアコンがよく効いてて寒かったです。。。

そのうち、東京→新門司港のフェリーに乗るのが夢です。
片道10万円ぐらいするみたいなので、なかなか利用できる機会がありませんが。

ちなみに詳細なスケジュールは

5時30分 出発
6時30分 休憩 トイレのみ
8時15分 休憩 朝ごはん
9時45分 駿河湾沼津SA出発
11時00分 休憩 席交代のみ
11時45分 休憩 お昼ご飯
14時00分 岡崎SA出発
16時30分 大阪フェリー乗り場到着
18時00分 乗船チケット確認
18時30分 乗船
19時00分 お風呂
20時00分 部屋で夜ご飯
21階00分 就寝
7時00分 起床
7時30分 部屋で朝ごはん
8時30分 新門司港到着
10時00分 九州国立博物館到着
13時00分 出発 車でご飯
14時00分 実家到着